Contact Form7で迷惑メールの送信元IP等を特定する方法

Contact Form7で迷惑メールの送信元IP等を特定する方法

WordPressのお問い合わせフォームと言えば「Contact Form7」。

プラグインをインストールして簡単な設定をすればすぐに使える優れものです。

今回ご紹介するのは、フォームを送信した際に、送信元のIPを取得できるようにする方法です。

以前WordPressを使う知人から「迷惑メールが同じ相手(匿名)から何通も届くが、送信元を特定できないか?」という相談を受けた際に調べてみたもの。

※迷惑メールを来ないようにする設定ではありません。

ContactForm7のページでタグを確認

難しい設定は必要なし!
ここのページに記載されているタグを使えば、設定自体は1分もかからず終わります。

特別なメールタグ
https://contactform7.com/ja/special-mail-tags/

使うのはこちらのタグ。

[_remote_ip] — このタグは送信者の IP アドレスで置き換えられます。

このタグを所定の場所に設定すれば、問い合わせがきたときに自分に届くメールに、送信者のIPアドレスが記載された状態になります。

設定方法

WordPress管理画面の「お問い合わせ」からコンタクトフォームの設定に入り、「メール」タブの「メッセージ本文」にタグを記載して保存。

赤線で囲んであるところ

……以上!!!

簡単です。
念の為、設定後に自分でテストメールを送ってみて、自分のIPが記載されているかを確認してみるといいかと思います。

IPアドレスを取得して何ができるの?

迷惑メール送信元のIPアドレスがわかったといっても、自力で個人を特定できる……というわけではありません。

なので、「そんなに簡単にIPが取得できるってことは、自分のIPも知られてしまうから、Web上のフォームは使わないほうがいいの???」と心配する必要はないかと思います。(信用性が低いサイトのフォームはもちろん使わないほうがいいとは思いますが)

IPが役に立つのは、ズバリ法的手段に出るとき。

プロバイダであればIPアドレスから個人を特定できます。

自動で送られてくる海外のスパムメールとかじゃなくて、「特定の匿名の人から嫌がらせメールがきて、個人を特定したい」という場合に使うようなイメージでしょうか。

「嫌がらせメールなんてこないから大丈夫だよ」と思っていたとしても、フォーム設置時に一緒に設定してしまったほうがいいかな、と思います。

なぜなら、迷惑メールがフォームから送信されたあとに、送信者のIPを取得することはできないから。

迷惑メールが来たあとでは遅いのです。

難しい設定でもないので、先に設定しておくことをオススメします。

ちなみに、個人の特定はできませんが、送信された国やプロバイダなど、ざっくりした情報はわかるので、海外からのスパムメールがどこの国から来ているのかを調べたい、というような場合は、「IPアドレス/検索」でググると、調べられるサイトがいくつか出てきます。

※私はこちらのサイトをよく使ってます
https://www.cman.jp/network/support/ip.html

迷惑メールは来ないに越したことはありませんが、どーやっても来るときは来てしまうので(泣)

できる限りの対策は自分でしておいたほうがいい! と思います。

wordpressカテゴリの最新記事