売れない営業だった私が「あえて売らない」ことで評価が上がった理由

大学を卒業した後、とある生命保険会社に入社し、営業として働いていた。

「何百人に会って提案していたとしても、契約が取れなければ働いていないのと同じだからね」と言い聞かされ、社会人ってなんてシビアなんだろう……と毎月胃が痛くなる思いだった。実際、急性胃腸炎にもなった。

そんな中、以前契約をもらったことがあるお客さんに、追加の提案をした時のことだ。

驚いたことにその場で「じゃあこれも追加で入ります!」と言われたのだ。
一瞬喜びそうになったが、待てよ……これ本当に大丈夫? という不安な気持ちになった。

▼全文はこちら

 

※天狼院書店「ライティング・ゼミ」
天狼院書店が主催する「ライティング・ゼミ」受講生は、毎週一回課題として記事を提出します。
WEB天狼院編集部のプロのライターさんがチェックし、OKが出ればWEB天狼院の記事として掲載されます。
(編集無し。書いたものがそのまま掲載されています。)

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA