死んだ彼女と今日も生きている私のたった一つの違い(WEB天狼院)

「どうしたの? 何かあった?!」
平日の朝8時半。メイクをしながら泣き出してしまった私に向かって、彼氏はそう言った。

その日、私はなんとなく会社に行きたくなかった。
別に会社でいじめられている訳でも、嫌なことがあった訳でもない。

訳もなく、なんだかやる気が出ない。こういう時は、たまにある。

 

▼全文はこちらから

死んだ彼女と今日も生きている私のたった一つの違い
*この記事は、「ライティング・ゼミ」にご参加のお客様に書いていただいたものです。 【4月開講】人生を変えるライティング教室「天狼院ライティング・ゼミ《日曜コー...

 

※天狼院書店「ライティング・ゼミ」
天狼院書店が主催する「ライティング・ゼミ」受講生は、毎週一回課題として記事を提出します。
WEB天狼院編集部のプロのライターさんがチェックし、OKが出ればWEB天狼院の記事として掲載されます。
(編集無し。書いたものがそのまま掲載されています。)

Follow Me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA