SNSシェアボタン追加プラグイン「AddToAny Share Buttons」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

ブログ記事をSNSでシェアするための、シェアボタンを追加するプラグイン。

検索すると色々出てきますが、いくつか見た中で良いと思ったのが「AddToAny Share Buttons」。

最初にここは設定しておくべし!という設定方法をご紹介します。

まずはインストール

管理画面のプラグイン→新規追加から、プラグイン名「AddToAny Share Buttons」で検索をしてインストール。

アイコン表示させるサービスを選択

左側の設定→AddToAnyを選択。

こちらの画面では、アイコンのサイズや表示させるSNSサービスの追加ができます。

はじめはFacebookとTwitter、Google+だけなので追加したい場合は「サービスの追加/削除」を選択。

こちらのプラグインは、かなりたくさんのサービスを選択することができます。

日本だとLINEはマストかなぁと思うのですが、海外のプラグインだとLINEが入っていないものもあるので…LINEが連携サービスに入ってるかどうかは選ぶときのポイントかな、と。

Universal Buttonとは?

「Universal Button」は、「AddToAny Share Buttons」のプラグインで対象になっているサービスすべてのシェアボタンを表示させることができるボタンです。

上記が投稿画面での見え方。「もっと」を選択すると、すべてのボタンが表示されます。

※シェアボタンが実装されているテーマを使っているので少しわかりにくいですが…「シェアする」の文字の上に並んでいるアイコン群が「AddToAny Share Buttons」のプラグインで設置できるボタンです。

管理画面での設定方法はこちら。

デフォルトのアイコンはプラスマークのものですが、「画像のURL」でアイコンにしたい画像のURLを指定(※)すれば、好きな画像にすることもできます。

※画像URLは、WordPressのメディアライブラリの画像を選択→添付ファイルの詳細の中の「URL」で確認できます。

その他項目は以下のとおり。

  • Text Only:画像なし、テキストリンク。テキストはデフォルトでは「共有」になっていますが変更可能。
  • なし:Universal Buttonなし
  • Show Count:シェア数を表示させる場合はチェックを。

ボタンの表示位置

プルダウンで、投稿ページのボタンの表示位置を「bottom/top/top&bottom」の3パターンから選択可能です。

スクロールでついてくるボタン設定

「Floating」タブで、スクロールしたときについてくるボタン(追尾ボタン)の設定ができます。

デフォルトだと「none」になっているので、追尾ボタンを付けたい場合はこちらの設定を変更します。

「Responsiveness」のところですが、デフォルトだと「Only display when screen is larger than 980 pixels wide」でチェックが入った状態。

これは、ディスプレイ幅が980px以上の場合に表示される、という意味。「980px」はだいたいPCのディスプレイ幅なので、ここにチェックが入っていると、タブレットやスマホなどディスプレイ幅が狭い端末で追尾ボタンは表示されません。

スマホでも表示させたい場合はここのチェックを外す必要があるのですが、使っているテーマのデザインによっては記事内容にもろかぶりして読みにくいです。

こんな感じに。。。

個人的にはスマホで追尾ボタンを表示させる必要はないかなーと思います。

以上、シェアボタンのプラグイン「AddToAny Share Buttons」の設定方法でした♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする