スマホ・タブレット用持ち運びキーボードがおすすめな件(iPhone・Android両方OK)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

最近、ちょっとしたスキマ時間に書きものをしたいと思うことが多く、平成生まれのスマホネイティブとは違って昭和生まれの自分としては、スマホよりもキーボードぱしぱし叩いた方がやっぱり早いから、持ち運びできるキーボードが欲しいな…と思っていました。

と言っても実はこれまで持ち運び用のキーボードを2つほど買ったことがあったんですが、すっごい使いにくくて結局2つともほとんど使わず…。

でもやっぱり欲しい!今度は失敗しない!!と思って悩みに悩んで吟味を重ね、こちらを購入しました。

購入のポイント

以前購入したキーボードの失敗ポイントは…

  • 丸められるシリコンのペラペラなものは、タイピングしにくくて使わなくなった
  • 中央から折りたたむ形式のものは、折りたたみ部分の中央のキーの並びが特殊でタイピングしづらかったのと、かな・ローマ字変換がしづらかった(キーボード上に変換ボタンがなく、「cmd+スペース」で画面上に入力切替表示が出て、画面タップで切り替える)

といった感じだったので、今回は、

  • 折りたたみじゃないタイプ
  • キーの並びが一般的なキーボードと同じ
  • 変換のしやすさ

を重視!

持ち運び用キーボードは1,000円台から1万円を超えるものまでありますが、5000円程度という値段とスペック、持ち運びのしやすさなど色々考えた上でもこちらが自分的にはベストでした。

早速開けてみた♪

早速開けてみます。

グレーと黒の2色があり、キーの色が白いのが良かったのでグレーにしました。
フタ付きじゃないもので2,000円くらいのものと迷ったんですが、カバンに入れて持ち歩くことを考えたらフタがあった方が良いかなぁと。


開くとこんな感じ。

フタにはスタンド付きで、カバーを付けた状態のiPad miniも難なく立ちました。こりゃ快適だ。

※ちなみに最初はキーボードと端末とのペアリングの設定が必要です。詳しくは後述しますが先に見たい方はこちら→ペアリング設定

キーボードの横の長さは242mm。手の大きい男性だと厳しいかもしれませんが、タイピングのしやすさは問題なし!

こちらはAndroidでも使えますが、切り替えるにはキーボード右上のスイッチを動かせばOK。

うん、便利。まぁ画面大きい方が良いので実際使う時はiPad中心にはなるかな。

「」や()や”など、記号がのキーが若干違うのがちょっと使いにくいんですがまぁ慣れれば大丈夫かな。設定を変える方法がもしかしたらあるのかもしれませんが。。。

ペアリング設定

まずはキーボードの電源をONに。
こちらのキーボードはスイッチはなく、フタを開くと電源が入ります。

※ちなみに届いてすぐペアリングを試しましたがキーボードが検出されなかったので、一応充電してから使いました。

設定方法は、iOSもAndroidもほぼ同じ。
「設定」のメニューから、
→Bluetooth
→機器/デバイスの中から「Universal Mobile Keyboard」を選択
→画面に数字が表示されるので、そちらをキーボードで入力してEnterを押す
→ペアリング完了!

※iPadの画像。

一度ペアリング設定してしまえば、次からはキーボードのフタを開いて電源ONにすれば自動で接続されます。とっても便利♪

「空き時間に作業したいけど、後に予定があるからパソコン持っていきたくない」とゆーことでスマホでめちゃ長文打ったりしてたので、このキーボードは大活躍しそうな予感(^^)

↓今回購入したもの♪

↓他に気になってたキーボード

No tags for this post.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする