「レイヤー別タスク整理」をやってみました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 12

先日読んだ『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』(本の感想についての記事はこちら)を参考に、タスクの整理をしてみました。

タスクリスト…というほど立派なものではないんですが、「やりたいこと・興味のあることをとにかく書いていくノート」というのを何年か前から付けているので、そちらを使用しました。

写真:ノートと手帳

これはだいたい月に1回更新しているものです。

仕事にまつわること、プライベートでやりたいことなどの区別なく、箇条書きでずらーーっとやりたいことを書いています。
(考えを整理するために文章とか図とかを書くこともあります。)

■まずはいつもの作業。

まずはいつもやっているように、前回のリストを見て対応が終わった項目を消し、それ以外を新しいページに書き移していきます。

思いつきレベルの些細なものもとりあえず書いているので、後から見て「やっぱこれやらなくていいかも」と思うこともままあるため、この作業の時に不要な項目を消し、新しい項目を足していきます。

■次に、レイヤーを変えて並べ直してみた。

で、いつもだったらここで終了してしまっているんですが、今回は書いたリストの頭に色ペンで丸をつけて、内容によってタスクを分類してみました。

写真:タスクリスト

分類してみたところ、Web系のもの(勉強やらサイト制作やら)と、健康にまつわるもの(運動する!とか)、その他細々したもの…という感じにざっくり分かれました。

自分にとっての最優先のタスクはWeb系のもののはずなんですが、その他細々としたもの(さくっと短時間でできるようなもの)の方に時間を使ってしまっていて、Web系のタスクには全然時間を割けていない、ということに改めて気づいてしまいました。
やるべきことと時間の配分が明らかにずれているので、これはどうにかしないと…。

■スケジュールに落とし込んでみた。

さて、レイヤーを変えて並べ替えてみたところで、Web系のタスクの中で更に優先順位をつけて、何月何日までにこの項目を終わらせたい、という風にスケジュールに落とし込んでみました。

たとえば、
仕事でWordPressを使う予定あり
→3月半ば以降に初回MTGがある予定なので、それまでにWordPress関連の本を何冊か読んでおきたい

といった感じです。

■タスク整理を終えて感じたこと。

スケジュールに落とし込むにはちょっと検討が必要な項目もあり、正直まだ全部を詰め切れてはいないのですが、漠然と「あれもやらなきゃ、でもこっちもやりたい…」とモヤっとしていたのがすっきりして、横並びにダラダラと書き連ねていただけのタスクにきちんと優先順位が付きました。

あとはこれが計画倒れにならないよう、頑張りたいなぁと思います!

No tags for this post.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする