「やるべきこと」と「時間」の配分、ずれていない?〜『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』

  • 2014.03.02
「やるべきこと」と「時間」の配分、ずれていない?〜『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』

『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』(鳩山 玲人さん著)を読了しました。

本著は、株式会社サンリオの常務取締役である鳩山 玲人さんの著書です。

鳩山さんは、三菱商事株式会社に新卒で入社後、34歳のときに当時業績が低迷していたサンリオ米国法人のCOOになられたそうです。
そして執筆時の2013年11月時点(39歳)で、(株)サンリオの常務取締役(他経営戦略統括本部長なども兼務)および株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)の社外取締役を務めていらっしゃる、とのことです。

本著には、鳩山さんが仕事をしてきた中での実際の経験談も交えつつ、「会社員」として制約がある状況で結果を出すための方法が書かれています。

一通り読んだ中で、これは今の自分に必要!と感じた、特に印象に残った部分をメモしておきたいと思います。

■今の自分に必要だと感じたこと。

1番印象に残ったのは、第4章「30 やるべきことを箇条書きにする」に書かれている、「項目を書きだしたら、レイヤーを変えて並べ直します。」という部分です。

これは仕事のタスクリストに限ったことではなく、プライベートでのタスク(病院に行く、等)も含めての話ですが、やるべきことを箇条書きにしてそのリストを単に潰していくのではなく、今の自分にとって最も多くのリソースを割くべきことは何なのかを考え、「やるべきこと」と「時間」の配分がずれていないかを確認するための作業です。

■自分に置き換えて考えてみた。

たとえば、自分のことを例として考えてみると。。。

私がいる部署では、既存のお客様向けに紙媒体を発行する、というのが業務のひとつとしてあるのですが、少し前からその発行物の記事作成を一部担当しています。

その発行物は弊社の製品を購入されたお客様に向けて、製品の活用法やバージョンアップ情報をお伝えする内容のものなのですが、今までは同じ部署内でも違った仕事をしていたため、恥ずかしながら自社製品のことをよくわかっていませんでした…。

記事作成を担当するようになってから、「自社の製品のことをロクに知らない人間が記事を書いても、お客様の役に立つ情報は提供出来ないよなぁ」と考え、まずは知識を深めよう!といことでお客様向けの資料を読んだり、過去の発行物を読んだりということをしています。

と、ここまで書くと「なんか自分けっこー頑張ってるんじゃない?!」とうっかり図に乗りそうになってしまいますが、鳩山さんが仰るように「レイヤーを変える」という視点で見てみると、「自分が本来やるべきだと思っていること」に全く時間を充てられていないことに気付きます。

「本来やるべき」と考えていることは、自身の将来に向けてのことです。

仕事やプライべートなど区別せず、やりたいこと・やるべきだと思っていることを専用のノートにつらつらと書いていき、月イチ位のペースでそれを見直すということをやっています。

「Webの仕事に就きたい」と思い描いてはいるものの、ここ最近はそれを達成するのに必要な要件を満たすためのタスクに時間を充てられていません…

具体的には、ポートフォリオに載せるためのWebサイトの制作や、学校の卒業制作で作成したサイトのブラッシュアップ、WordPressのテンプレート作成(このブログの)、などなど…。
あとは、「Webの仕事をしたい→具体的な職種は?そもそもどんな会社があるのか?」というのをじっくり考えたり調べたりする時間を作りたいと思いつつも、こちらも出来ておらず。

これらは「Webの仕事に就きたい」と具体的に思い始めた昨年末あたりから私のタスクリストにある項目なのですが、月に1度リストを見直し書き換える度に、翌月のタスクに繰り越され続けています…(><)駄目ですねー。 ■まとめ。

本著の中で、「自分の努力や時間が、本来やるべきことのために費やされているかどうかは、常に日々の行動レベルでチェックする必要があります」と鳩山さんは記されています。

「目の前のやるべきことに全力を尽くす!」というのも信条ではあるのですが、目の前だけでなく、中長期的な視点で自身のタスクを整理して、「1番やりたいことに、1番沢山の時間を割けているか?」というのを意識していきたいな、と思いました!

■つぶやき。

最近タスクリストの更新も手抜き気味なので、それも個人的な反省ポイント…(´-ω-`)
中長期的な目標なんかは特に、緊急度の高い目先のタスクを潰しているうちに後回しになって流れていってしまいがちなので、こまめにタスクリストのチェック・更新はしないとなぁ。

カテゴリの最新記事